こんなところで役に立つのぼり旗

時間

のぼり旗の制作
のぼり旗を制作する上では、依頼から納品の一連の過程まである程度の期間がかかると
考慮した方が良いのは言うまでもありません。

納品まで至るまでには各工程が存在し、依頼主と製造スタッフとの間の
コミュニケーションが重要となり、それによっても期間が左右することもあります。

まず原稿を支給することから始まり、それをコンピューターで校正を行う具体的な
のぼり旗のデザインが決まっていきます。

実際に校正が出来た場合には、電子データでそれを依頼主が自分の想定するデザインかどうかを確認をします。

その確認後に問題がなければ、製版・プリント・縫製の工程を行い、制作されたのぼり旗を
梱包し出荷する形になります。

出荷されればそれが依頼主の元に届くまで待つだけで済み、届けば即座に利用することが可能です。

実際にデザインを決定してから手元に届くまでは、10日前後かかるのが日数の相場になります。

製作

もっともデザインを決定するまで難航することも予想され、それに1週間も要するとすれば
半月は簡単に超えてしまうことも多いです。

のぼり旗の生地の種類によっても、制作の期間がかかってしまうこともありますが、
デザイン決定から10日間で対応できるので、それ以上超える場合には事前に連絡されます。

のぼり旗ができるまでには時間が必要であることを頭に入れておくと良く、少なくとも
商用などで利用する場合には1ヵ月前から計画的に依頼することが肝要です。

ネットなどの普及で、以前より期間は短縮されたのはありますが、それでも余裕をみることはポイントになります。

デザイン